Biden Executive Order and Policy Shifts Herald Era of Expanded Antitrust Enforcement - Japanese Version

バイデン政権による競争法の執行強化により、過去の合併の見直しや、新たな報告義務の追 加、テクノロジー、ヘルスケア及び銀行分野など広い範囲の執行などの可能性が生じていま す。

ホワイトハウスは7月9日(金)、包括的な大統領令において独占禁止法上の優先項目を発表しました。 これはバイデン政権が特定した、過去40年間の独占禁止法運用の不備に対処するためのもので、7月12日 (月)米国連邦取引委員会(FTC)のリナ・カーン委員長は、次回のFTC会議において、合併を計画す る企業の事前報告につき規定する、これまで25 年間継続されてきたポリシーステートメントの撤廃を検 討する計画であることを発表しました。カーン氏は6月15日にFTC委員長に就任して以来活発な活動を続 けていますが、本大統領令はこれに続く形で、良く知られた超党派の問題をいくつか包括的に受け入 れ、また、独占禁止法執行に対して近年強まっていた批判もしっかりと考慮に入れる試みがなされた内 容となっています。これらの変更により、今後の独占禁止法上の審査はより厳格化することが予想さ れ、これは独占禁止法執行機関に対して専門家が既に認識してきた変化と一致しています。

詳細については、以下の完全なアラートを参照してください。

LOADING PDF: If there are any problems, click here to download the file.

DISCLAIMER: Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

© Latham & Watkins LLP | Attorney Advertising

Written by:

Latham & Watkins LLP
Contact
more
less

Latham & Watkins LLP on:

Reporters on Deadline

"My best business intelligence, in one easy email…"

Your first step to building a free, personalized, morning email brief covering pertinent authors and topics on JD Supra:
*By using the service, you signify your acceptance of JD Supra's Privacy Policy.
Custom Email Digest
- hide
- hide

This website uses cookies to improve user experience, track anonymous site usage, store authorization tokens and permit sharing on social media networks. By continuing to browse this website you accept the use of cookies. Click here to read more about how we use cookies.